閉じる

カリキュラム

1年次は基礎力充実を図るため全員共通の科目を履修。
2年次からは文系・理系コースに分かれ、応用力へ発展させて将来に備えます。

教科

国語
国語
国語

教科書・課題プリント・問題集・便覧を使用し、読解力・語彙力・表現力を育成します。現代文(評論・小説・詩歌)・古典(古文・漢文・詩歌・文法)について、1年次は基礎、2年次は発展、3年次は応用を学びます。その3学年の積み重ねにより、大学の学問に対応しうる知識・文章力・考察力を身につけます。

公民
公民
公民

1年次には現代社会、3年次には文系クラスで政治経済を実施しています。国内外における政治の動きや経済活動について、基礎から応用まで幅広く学習し、現代社会における時事問題を考察できる力を養っていきます。また知的好奇心を高めることと同時に、授業を通じて将来の自分自身を見つめる時間を作り、学力向上に励んでいます。

地理歴史
地理歴史
地理歴史

1年次に地理、文系は2年次に日本史・世界史・地理、3年次に日本史・世界史、理系は2年次に世界史を学習します。地理では、自然地理や人文地理の分野を通して現代世界の動きを把握し、地図も積極的に使用します。歴史では、日本を含めた各国がどのような歴史をたどって今に至っているか、流れや繋がり・関連性などに着目しながら学習します。

英語
英語
英語

高等学校卒業までに、英検2級またはTOEIC 400点以上を獲得できるレベルの英語力養成を目標としています。 語彙力と文法理解を基本と考え、朝に単語小テストを実施したり、構造を理解して正確に文を読み取る練習や、英文を作る練習を重ねたりしています。加えて、音のつながりや発音を意識して音読をさせることで、リスニング力の向上を目指しています。 放課後や長期休暇期間中には、文法を復習する基礎講習や、上のレベルを目指す生徒を対象とした応用講習、検定対策講習などを学年の状況に応じて開講し、生徒の学習のサポートをしています。

総合的な学習の時間
総合的な学習の時間
総合的な学習の時間

1・2年次は、ネイティブスピーカーとの英会話の授業を少人数制で実施しています。毎回与えられるテーマに関する語彙や表現を学び、それを用いてリスニングやスピーキング活動を行います。各学期末には、2・3人のグループで、その学期に学んだテーマに基づいたオリジナルのスクリプトを作成し、小道具を使いながら英語で演じてもらうスピーキングテストを実施しています。3年次にはオンライン英会話プログラムを利用し、より多くの英語を聞いて話す機会を設けています。これまでに培った英語力を試すと共に、卒業後も活きる英語力を身に着ける指導を行っています。

情報
情報
情報

社会の中で生かされる情報や情報技術にそくして、安全な利用やしくみを学びます。さらに、情報の進展が生活に及ぼす影響をふまえて、自ら課題を見つけ解決する能力を養います。その際に、実技だけに偏らないように、座学の授業も丁寧に行います。そして、社会や進学先で利用するソフトの機能と活用を理解していきます。

理科
理科
理科

1年次には物理基礎・生物基礎を、2年次には理系で化学基礎・物理・生物を、文系で化学基礎を、3年次には理系で物理・化学・生物を学びます。基礎学力の定着とともに、科学的な思考力と応用力を育てる授業を行っています。また、学んだ知識が、日常生活に関わっていることがわかるような授業展開をこころがけています。

数学
数学
数学

最も重視している点は、論理的思考力の養成です。 ただ答えを求めるだけでなく、その導出過程を記述できるようになることが肝要です。問題に対して解く手順を考え、整理して他者に伝える力は将来も必要になります。ただ単に解法を丸暗記して問題を解かせるのではなく、過程をしっかりと理解させるようにしています。 また、生徒の学習状況や意欲に応じて希望者に対しては、放課後の講習も実施しています。

保健体育
保健体育
保健体育

本校の特徴である、都内随一の体育施設(400Mトラック、人工芝フィールド、両翼91M野球場、オムニテニスコート、大型体育館、50Mプール等)を利用して、基本的に男女別の授業形態で実施しています。各種目、時間をかけて取り組む事で基本動作の習得はもちろん、公正な態度や協調性を育て、さらに運動やスポーツを一生継続出来るよう指導しています。体育祭は最大の盛り上がりをみせ、本校の伝統となっています。

家庭基礎
家庭基礎
家庭基礎

生活を豊かにするための術を身に付けます。座学はもちろんのこと、食生活や衣生活の分野を中心に実習を多く取り入れ、生涯を通して活用できる知識や技術の習得を目指します。実際に生活の中で起こっている例を多用し、授業と生活を繋げていきます。

芸術
芸術
芸術

音楽は合唱、合奏の実技を中心として、表現することの喜びを味わい、また、鑑賞では音楽史をたどりながら理解を深める授業を行っています。美術は、版画・木彫・絵画について表現の自由さと楽しさを学び、より深く表現の領域を広げていく授業を行っています。

講習

基礎強化と応用力の養成をバックアップする各種講習

  • 資格試験講習(簿記検定講座、英検対策講座、TOEIC対策講座など)
Return to Top ▲Return to Top ▲